誰でも楽しみな運動会

先日、私の子供が通う幼稚園で運動会が開催されました。
いつもは登園のギリギリまで寝ている私の子供が、当日は朝の6時に起きて、自分で着替えまで済ませていました。

やはり子供にとって運動会は大きなイベントであり、とてもうれしいものなのだなと思い、私も子供の頃は運動会が楽しみであったことを思い出しました。

私の子供が参加する競技は、ダンス、障害物競争、親子競争でした。
まだまだ幼く、何もできない子供だと思っていたのですが、ダンスをしている子供の姿を見てその成長に驚きました。

障害物競争では、鉄棒で前回りから後ろ回りをするのですが、なんとか成功し親としてホッとしました。

運動会の練習が始まった時には鉄棒ができなかったのですが、毎日近くの公園に行き練習を繰り返し、私の仕事が休みの日も朝から一緒に練習に行きました。

練習を重ねるうちに何回かは成功するようになったのですがまだまだ失敗も多く心配していましたが、
無事に終わりとてもうれしかったです。